ひざサポートコラーゲンの対象者とはどんな人?

ひざサポートコラーゲンは医薬品ではないので、利用する人に制限などはありません。

ではどのような解釈で取り入れたら良いのか考えてみましょう。

■医薬品ではない健康食品への理解。

ひざサポートコラーゲンは医薬品ではないので、“悪化した人が利用すべき”といった前提はありません。

ひざサポートコラーゲンの臨床結果によると膝関節・軟骨のコラーゲン量は、50代で20代のころにくらべて半減するというデータがあります。

これをそのまま受け取るとすれば50才前後から利用するのがいいと解釈できます。

またひざサポートコラーゲンには、ペプチドコラーゲンとは別に、ヒアルロン酸やコンドロイチンも配合されています。

こちらの成分は40才代から減少傾向に入ります。

■ヒアルロン酸やコンドロイチンも大事。

ヒアルロン酸やコンドロイチンも、膝関節の曲げ伸ばしには不可欠なもので、ネバネバ成分によって膝関節の負荷を軽減したり柔軟性を与えたりしてくれます。

ただし先にも触れましたが、ひざサポートコラーゲンは、治療薬や予防薬といった医薬品同等の効力があるものではありません。

したがってそのような感覚で効果や緩和を期待して利用するのは間違った用法です。

膝関節に異常を感じた人は、第一にクリニックなどの医療機関で正しい診断を受けましょう。

■ひざサポートコラーゲンはサプリメントですから、40代-50代の方は、定期購入で長く継続することが理想的。

専用スプーンで適量を摂取しましょう。

ひざサポートコラーゲンのパッケージにもあるように、ひざサポートコラーゲンには専用スプーンが付いてきます。

それを使って日々の料理や飲み物に適量を溶け込ませて摂取しましょう。

40代-50代の方であればどなたでも適齢期といえます。