ひざサポートコラーゲンにある3つの成分とは?

ひざサポートコラーゲンにはペプチドコラーゲンの他に、ヒアルロン酸やコンドロイチンが含有しています。

それぞれの成分について説明しましょう。

■ひざサポートコラーゲンの効き目を強化。

ひざサポートコラーゲンには、ペプチドコラーゲンの他にも、ヒアルロン酸やコンドロイチンの2つの成分が含まれていて、合計3つの成分が含有しています。

一言で表現すると、この3つとも膝関節の曲げ伸ばしには必要な成分で、ひざサポートコラーゲンは、これを配合することで効き目をより強力なものにしています。

■ペプチドコラーゲンは、たんぱく質の一種。

ひざサポートコラーゲンの主成分であるペプチドコラーゲンは、たんぱく質の一種で身体の中のあらゆるところに存在し、潤滑油のような働きをしてくれます。

骨にあるコラーゲンは骨に柔軟性を与え折れにくくしてくれます。

骨をいつまでも元気に保つためには、コラーゲンの摂取が大事です。

【Pick Upサイト】・・・いつまでもハイヒールを楽しむために、いまから始められること | マイナビニュース

血液の中にあればサラサラにしてくれます。

また皮膚などにあらわれてくればスベスベ肌にしてくれます。

しかし通常のコラーゲンでは肝心の膝関節には行き渡らないため、ナノレベルより小さな粒子とすることで、膝の軟骨に届くように研究開発されたのがひざサポートコラーゲンです。

■ヒアルロン酸やコンドロイチンも外から補ってやる必要がある成分。

3つはともに補完し合って膝関節の屈指や痛みの軽減を助けてくれます。

ヒアルロン酸とは、物質の発酵作用を活用してつくられたネバネバ成分です。

膝の軟骨はもちろん、そのネバネバパワーで、アンチエイリアシングの効果も発揮してくれます。

またコンドロイチンはグルコサミンからつくられる物質で、軟骨を形成する成分の1つです。

体内保有量は40才をピークに下降線をたどり、20代のころと比較して3分の1が消滅してしまう運命にあります。

コラーゲンが50才で半減する物質なので、ともに補給が必要な成分となります。