ひざサポートコラーゲンの物質は食物で摂取できない?

ひざサポートコラーゲンに含まれるペプチドコラーゲンは、食物摂取では補いきれません。

なぜでしょうか、その理由を考えてみます。

■食物摂取では膝関節の軟骨は守れない。

ひざサポートコラーゲンの主成分であるペプチドコラーゲンは、ナノレベルよりも小さな粒子を作り出すことに成功(低分子化)した商品です。

実はコラーゲンという物質は、カラダの中のあらゆるところに存在しています。

骨の中にも皮膚にも、血液の中にもあります。

通常のコラーゲンは、どんな方法で接種しても、膝関節の曲げ伸ばしに重要な膝の軟骨には行き渡らず、その成分のほとんどが尿と一緒に排泄されてしまうのです。

それを低分子化することで軟骨成分として送り届けられるるようにしたのがひざサポートコラーゲンです。

■半減する成分を効率よく補う唯一の方法。

食物摂取は本来のあり方ですが、体内物質には減少量が激しく、それだけでは追いつかない物質もたくさんあります。

ひざサポートコラーゲンに含まれるコラーゲンは50才代で20代の半分にまで減少し、同じひざサポートコラーゲンに含まれるヒアルロン酸やコンドロイチンは40代で3分の1が消滅してしまいます。

3つの成分とも、膝の屈伸や痛みの軽減には不可欠なものですから、この減少を食物だけではなく、効率よくピンポイントで補ってやる必要があります。

■ひざサポートコラーゲンが高価だと言いますが、膝関節がダメになり歩けなくなってからでは、いくらお金を積んでも元には戻せません。

ひざサポートコラーゲンが効くかどうかわからない、そんなものにお金を出すのは嫌と言っても、あらゆる食物・健康食品はみんな結果論です。

効いてくるかどうかは試してみないとわかりません。

どちらを選ぶかは消費者自身です。